ゆめラテでいい感じのギルドに入ったらとても楽しくなった件について

スポンサーリンク

 前回、ゆめラテがやることなくてマンネリ放置化気味になっている方に向けてやることみたいな感じの記事を書かせていただきましたが、あまりにマニアックというか廃人向けのコンテンツとして書きすぎたという反省の意味も込めて
今回は、ギルドについてもう少し深く掘り進めていきたいなと思います。

スポンサーリンク

ギルドの重要性

 ゆめラテに限らず、メイプルMでも似たようなことを言っていましたが
そのゲームを楽しめるかどうかの8割くらいはギルドの良し悪しで決まる
これに尽きます。

 実際、無言放置ギルドに入っていてもやることは変わらないですからね。
日課と呼ばれるデイリークエスト終わらせて、適当な狩場見つけて放置ボタンを押すだけの単調な作業になりがちになってしまっても仕方ないです。
そんなマンネリ気味な環境を打開してくれるのがギルドの存在です。
チャットシステムが充実しているのはこの手のゲームの最大の利点ですし、そこから生まれる交流やボス周回は最近のソロで周回する系やマルチでひたすら無言でやるタイプのゲームとは違う所だと思います。
つまり、その違いを活かせるか活かせないかはギルド次第ということになります。

自分にとっていいギルドか悪いギルドか

 その人によってそのギルドがいいギルドか悪いギルドかという話プレイスタイルによって大きく異なります。
エンジョイしたいギルドにガチガチの周回しまくってレベル上げたいというタイプの方が入っても出席率だの効率だのでギスギスしがちになってしまいますし
逆に、エンジョイしたいのにガチガチのギルドに入ってしまうと
会話の内容がマニアックすぎて付いていけず何を言っているのか分からないまま会話に入れずという状
況に陥ってしまいます。
何事も、温度差が大事なのです。
早い話が、自分がそのゲームに何を求めるかということとそのギルドに馴染めるかどうか
この2つが大事になってきます。

 サブキャラで必要なダンジョン消化とクエスト消化だけなら、無言のギルドで毎日スキルジェムを確実に受け取れるサブキャラ用のギルドが適任になってきますし
毎日わいわいしたいなら、エンジョイ勢のギルドが適任になってきます。

マリーちゃん
マリーちゃん

一言にエンジョイ勢のギルドといっても、その会話に入れるかどうかで全然変わってくるので
そこら辺は実際に入ってから考えるのもありかもしれないですね~

 チャットの雰囲気が好きでROM(黙って会話を眺めている)のが好きな方も居ますし、色んな方の目的にあったギルドを見つけることが重要です。

 ここから黒い話になってしまいますが、正直合わなければ一言
すみません、抜けますと言って
抜ければ済む話なのです。
あれこれ考えて気を遣っても、面白くなくなってログインしなくなったら除名されるだけなので
合わないなと思ったら一言抜けますと言えば良いと思います。

<br>マリーちゃん

マリーちゃん

ここで我慢しちゃってそっとやらなくなってしまうパターンは非常に多いので、そうなるくらいなら次のギルドに行った方がいいかなと思います。
という10年以上ソロプレイヤーとしてネトゲ廃人生活を送っていた経歴が有る私が最近出した結論です。

今後予想されるギルドの重要性について

 今後、益々敵が強くなってボスもなんとか野良で便乗したりソロでクリアできていたのが出来なくなる可能性が高いです。
実際、強い人達は強い人達同士で集まっているかソロで高速周回するパターンが多い印象があるので益々強い人にお手伝いしてもらってクリアしてストーリーを進めてということがやりにくくなることが予想されます。
ボス討伐や格上のモンスター討伐においてはPTを組むことで圧倒的な速さと効率を叩き出せるので解決できるので、そのためにもギルドに入って助け合える環境を作ることが大事になってくるかなと思います。
 また、この手のゲームは情報がすごく重要になってきます。
ボス攻略についてもそうですが、何が効率いいという情報やスキル振りの情報なんかも共有できる環境が必要になってくるかと思います。
そうなった時の為にもギルドがあると、ゲームを楽しむという意味でも攻略という意味でも大きく変わってくるかなと思います。

動画から学ぶいい雰囲気のギルドの作り方

 では、どうやったら情報共有がし合えてチャットが皆やりやすい環境のギルドを作れるのかという話になってきますが
個人的にこの動画が結構当てはまることが多いので紹介したいと思います。

【メイプルストーリーM】新規さん少なすぎでは?新規ユーザーを増やすために何ができるか!徹底考察【メイプルM】

 この動画はメイプルMでどうやって新規を増やすかという動画になっているのですが、ギルド運営という点ではゆめラテでも同じことが言えると思います。
入りやすい空気(入ったばかりの方でもチャットできる)がないとチャットできるのは初日だけでそこから入りづらくてROM勢になりそこからオフライン勢(実質引退)となってしまう為です。

 典型的なパターンとして

新人Aさん
新人Aさん

あの~誰か一緒に○○狩りませんか?
クエストが進まなくて・・・

全員無言

数分後

ギルドで人気のBさん
ギルドで人気のBさん

パンドラ周回したい人挙手!

いつもBさんと一緒に行動するいつメン
いつもBさんと一緒に行動するいつメン

ノ!W

新人Aさん
新人Aさん

あっ・・・ここは喋っちゃいけない場所なんだな・・・

 こんな感じになっていたらそりゃ新規の方も喋らなくなるわけです。
色んなゲームをやっていた中でこのパターンが一番多かったので例として出させていただきましたが、これ新人Aさんの受ける精神的ダメージが半端ないです。
あーこのギルドで居場所はないんだなって思われて挨拶すらしなくなります。

 動画の引用になりますが
”そのゲームが本当に楽しいって気持ちが持ち続けられないと絶対に皆さん辞めていきます。
他にも沢山選択肢があるわけですからね。”
この部分が個人的に刺さりました。
 ゆめラテに限らず、色んなネットゲームやソシャゲのコミュニティでも言えることなので意識しておきたいですね。

ゆめラテでギルドを募集する時の手段

 ギルドの雰囲気作りはわかったところで次は募集するとしたらどうするかという話になってきますが、私は募集するならゲーム内チャットではなくtwitterがいいかなと思います。
理由としては、基本的に放置ゲームなのでそもそも見られることなく終わってしまうという点と
そのギルドの特徴やPRポイントを前面に押し出せない点
があるからです。
 せっかく、毎日ギルドメンバーでマルチダンジョン周回をしていたり出席数が毎日20オーバーでスキルジェムが貰えるという強いアピールポイントがあるのにそれをアピールできずに終わってしまうからです。
見てもらいにくいだけでなく、チャットの文字制限で十分にアピールできない為です。
twitterであれば、ある程度は形に残る上に#ゆめラテと入れることで拡散してもらえたりするので多くのゆめラテユーザーに見てもらうことが可能です。
最初は人数が思うように集まらず大変かもしれないですが、ある程度人が集まってくるとアピールポイントが増えてくるので一気に人が集まってくるようになるかと思います。

個人的に楽しいと思ったギルドの特徴

 前回の記事でお世話になっていたチョコレートというギルドの紹介をさせていただきましたが、今回はまた別のギルドの共通点を2つ挙げてみたいなと思います。
1.マルチダンジョンの募集がスムーズ
2.1人の発言に対していろんな人が乗っかってくれる

 まず、1のマルチダンジョンの募集がスムーズというのは
1人が○○行きませんか?という発言に対して色んな人達が行きたいです~!と素早いレスポンスをしてくれて非常に便乗しやすい上に
人数が溢れても、じゃあ○○さんと○○さんは2陣で1陣が○○さんねという感じで非常にスムーズな進行がされていて後からこっそり行きたいですといっても取りまとめてくれていました。
終わった後も和気藹々とした雰囲気でチャットが流れていて非常に楽しかったです。
終わった後がギスギスしている雰囲気のようなチャット、本人はそんなこと思ってないとしてもそこのノリが分かってない第三者からしたらギスギスしているように見えるチャットでは印象が悪くなるのでそこら辺も大事です。
 2つ目の1人の発言に対していろんな人が乗っかってくれるという点ですが、やっぱり一人の発言に対して誰かしらがいい意味で反応してくれるのは大事だと思いました。
これがあることで次も発言がしやすくなるので雰囲気作りって大事だなと思いました。

マリーちゃん
マリーちゃん

reかんさい連合っていうギルドと森のくまさんっていうギルドなんですけどね
枠があったらメインもかんさい連合に入りたかったです。。。

最後に

 いい感じのギルドは他にも沢山あると思います!
自分のプレイスタイルや生活スタイルにあったギルドを見つけることで、マンネリ気味になったゆめラテがもっと楽しくなると思います。
こういう気軽にチャットができるというのもスマホMMORPGにしかない強みだと思うのでどんどん活用していきたいですね!

マリーちゃん
マリーちゃん

ギルドの人数を増やすとそこに集中しちゃうのを避けるために敢えて25人固定にしたいという運営さんの気持ちも分かるけれど、枠増やして欲しいですね~

コメント

タイトルとURLをコピーしました