メイプルMが生まれ変わるかもしれない!?未来は僕らの手の中

スポンサーリンク

 こんばんは!今日はギルドのこと書こうか、今日のイベントについて書こうか迷ってた時に緊急で書かなくてはならない!と思う情報が飛び込んできましたので緊急で執筆しておりますw
その情報がこちらになります。

メイプルストーリー3タイトル同時生放送

これです。しかも開催日はなんと明日の19時より開始!

ろりすちゃん
ろりすちゃん

偶然HENETAKUと被ってしまいました

 では、この生放送がどんな意味があるのか、またこれでどう変わるかもしれないのかを説明したいと思います。

生放送の予定についてはこちら

スポンサーリンク

メイプルM運営の中の人が生放送に登場

 今回のメイプルの生放送には、PC版メイプルストーリー、メイプルストーリー2、メイプルMそれぞれのGM(運営)が登場するそうです!
これがどれほど大きなことを意味しているかお分かりでしょうか?

ユーザーの声を直接届けることが出来る

 一応メイプルMのサイトにはお問い合わせを使って、こうして欲しいという要望を出すことが出来ますが、大体はテンプレートの文章で返ってきて信用できないという場合が多いです。
それが原因で見限られたユーザーさんも多かれ少なかれいるのではないかと思いますが、今回の生放送では直接コメントを流すことで運営さんの目に要望が入るわけです。

メイプルMは変わろうとしているけれど空回りしている?

 恐らくこれはどのユーザーの方も察しているとは思いますが、現在のメイプルMはサービス開始時から物凄い勢いで減ってきています。
ここからは管理人の憶測で話を進めるので、興味のない方は飛ばしてみてください。
恐らく運営はアクティブユーザーが激減して焦っていると思います。
焦っていないとここまでハイペースで色々な物を実装しないと思うからです。
まだサービス開始から4ヶ月しか経過していない中で、1周年を迎えたメイプルMのグローバルサーバーのアップデート内容とほぼ被っている為です。
ユーザーが待ち焦がれていたファントムの実装や、グローバルサーバーでは実装される予定のモンスターパーク実装などが被っているということからも、ユーザーを留めるために予定を前倒しにしているという可能性が高いと思っています。
 結果として、ユーザーが毎日しなければいけない「日課」を増やしてしまい、ユーザーは日課に追い回される結果となり、悪循環を産んでしまうことになってしまったのではないかと思います。
運営さんからすれば、きっとイベントを増やせばユーザーは離れないと思って実装した結果がこれで焦っていると思っています。

ユーザーのやる気をアピールできる

 生放送なので、リアルタイムの視聴者も勿論変動します。
そしてそれを数字として運営さんも見ることが出来るし、当然今後のメイプルがかかってるわけですから結構気にすると思います。
そんな中で、メイプルMの時だけすごい人が来てコメントがたくさん貰えるということになれば、運営さんのやる気にも繋がると思います。
また、それだけアクティブ数が増えれば運営陣も第2回、3回と開催してユーザーの意見を聞き入れる場を作ってくれると思っています。

ちゃんと要望を聞く時間が存在する?

 PC版メイプルストーリーの新職業、パスファインダーの実装記念の生放送を全て視聴した上で執筆していますが、きちんと要望を聞く時間が存在しました。
運営さんはコメントを読んで、それに対して技術的にどうかサーバー的にどうかということを答えてくれていました。
そこでは、狩場1の復刻やルディクエ(グループクエスト)の待ち時間が長いという場所に対するコメントから、リンクスキルやチーターやマクロ対策に関する技術的な要望に対してきちんと回答して貰えていました。
要望を聞くコーナー自体はあまり長くはないですが、タイムシフトやアーカイブでコメントを見て検討するということを話していました。
恐らく、明日の配信でコメントすれば技術的にどうかなど回答してくれるような感じではあります。

メイプルM運営がユーザーの声を反映した実例

 メイプルM内でユーザーの声が反映された事例はいくつもあります。
例えば、今回のモンスターパークイベントの延長・モンスターエクスプレスの開催時間を追加です。
追加前は、10時・14時・18時という一部の人しかできないような時間で用意されていました。
これは恐らくお詫びの意味を込めての延長と追加だと思われます。
後は先程挙げたファントムの実装も同じく、ユーザーの声を反映した結果ではないかと思います。

メイプルポケット運営の言葉

 拡散希望と書かれていたので掲載させていただきます。

 メイプルストーリーポケットというのは2015年8月にリリースされたメイプルストーリーのスマホゲームになります。
その時のGM、つまり運営が今はない機能でも一定数の要望があれば検討するという情報です。
メイプルMでも同じ原理で実装されるかどうかは怪しいですが、メイプルストーリー系列ということもあり信憑性の高い情報だと思います。
そのため、ユーザーの一人だけが要望を出しても効果は期待できないですが多くの人が同じ要望を出すことで変わる可能性もあるということです。
また、運営からはテンプレートの文章で返ってきてちゃんと届いてるのかという不安もありましたが、この言葉を見る限りきちんと運営陣には届いているということです。

ただし個人取引の実装は厳しいかもしれない?

 じゃあ要望を出そう!と思った方には申し訳ないですが、個人取引が実装される可能性は低いということです。
しかし、代わりに別のシステムが実装されるとは思います。
所持メルの上限開放が一番現実的になりそうな感じだと思っていますので、その根拠を説明させていただきます。

この2つの画像は、Appleのアプリに関する規約になります。
この画像を見ていただくと
2018年には課金で手に入れたアイテム等は他のユーザーに渡すことは出来ませんというものから、2019年には課金で手に入れたアイテムはユーザーに送ることが出来ますが、その貰ったものを送ったユーザー以外に返金すること、またはその貰ったアイテムを交換することは出来ませんというものです。
メイプルM内にある取引所で購入したアイテムがこのルールに沿ったものになります。
課金ガチャ出だしたアバターやペット引換券は基本的に購入したキャラ以外に移動できないというシステムになっていることがこのことに当てはまります。
そのキャラが買ったアイテムは基本的に転売はできませんよね?1度取引(譲渡)されたアイテムは他のユーザーに交換(販売)することが出来ないということです。
この規約は変化しているので、特定の人にアイテムを交換することを機能的に実装することはとてもリスキーだということが分かります。

ろりすちゃん
ろりすちゃん

今は良くてもいつダメになるか分からないし、詐欺の原因にもなるからねー

また、メイプルMに存在する業者と呼ばれるRMTをする人
メルを現金と交換する人が更に円滑に取引する手助けをすることになってしまうからです。
この2点から管理人は個人交換システムは厳しいのではないかと思っています。
代替案としては、アイテムを使っての交換
PC版メイプルに存在したプレミアム切手という買価と売価がほぼ同じアイテムを交換するアイテムを交換に用いることができるようにする
または、所持メルの上限開放が挙げられますが、仕組みがややこしくなることを考えると上限開放が一番現実的なのかなと思っています。
しかし、グローバルサーバーのように所持メルが2Gから4G増えたところで、それ以上の取引は今までと同じように詐欺に遭うかもしれないというリスクを抱えながら交換することになるので、その場しのぎの対策にしかならないのかなと考えています。

 そこで管理人が提案したいのは、メルをアイテム化する機能を実装することです。

別ゲーの機能ですが、メルを圧縮してインベントリ化することで上限に悩まされることなく交換できるのではないかなと思っています。
なので、管理人はこれを明日の放送終了後に問い合わせで提案したいと思っています。

PC版メイプルストーリー内にて改変が行なわれた

 PC版メイプルストーリーについても、少し前に実装された5次転職の緩和やハイパーステータスの改変をはじめとした多くの改変がされているようです。
これは、メイプルMやメイプル2の改善をするきっかけになっている可能性があります。
初心者から上級者まで喜ぶ嬉しいアップデートとなっているようです。

韓国版メイプルMも大成功から落ちこんで立て直した

 これはおまけになるのですが、メイプルストーリーMの本家である韓国サーバーに関してもメイプルMは最初は大成功したけれど、1ヶ月後にはアクティブユーザーが激減したということを発表していました。
そこから韓国サーバーの運営は、キャラクターの大々的なリニューアルを行い売り上げも回復させていったそうです。
詳しくはこちら

今出来ることをしよう!

 まとめですが、一人のユーザーだけが動いても意味がないと思って何もしないより、まず何か自分に出来ることをしてみましょう!
きっと何かが変わるはずです。
生放送を見るだけでもきっと今後のメイプルMが変わってくるはずです。
ひとりひとりが要望を出すことが大事なのです。
とはいっても、生放送中に要望を連投で荒らしたり、きつい言葉でコメントしてしまっては大事な要望がプラスになるどころかマイナスになってしまう恐れもあるので注意が必要です。
みんなでもう一度あの頃のメイプルを取り戻してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました