メイプルM英雄の帰還脱初心者向け講座part2

スポンサーリンク

 こんばんは!
最近のビンゴイベントで英雄の帰還に行く機会が増えてきたかと思いますので、今回超特急で解説動画の続きを作成いたしました!
今回はダークロードとリュードの解説になります!

初心者向け英雄の帰還解説part2

動画で説明する部分は殆ど説明してありますが、セットで読んで頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

ダークロード

 ダークロードは、初心者にお勧めキャラの1人で、中距離を得意としたキャラクターになっています。
スキルはこんな感じになっています。

ダークロードは基本的に、設置スキルを使って敵の行動範囲を制限させつつ中距離から相手を毒にさせて倒したりするのがメインになります。
プレイヤーの場合だと設置スキルに引っ掛けるのが難しいですが、モンスターの場合だと設置するだけで簡単に踏んでくれるので便利だったりします。
PVPでも、8レベから開放される5つ目のスキルでハインズのメテオを回避できたりと優秀なスキルが揃っています。
結構トリッキーなキャラクターに見えますが、初心者にお勧めな理由としては、中距離から攻撃できるので敵の懐に入る必要がないからです。
それだけ攻撃がしやすいということになるということと、設置以外のスキルは使いやすいスキルが多い為です。
なので初心者にお勧めしたいキャラクターの1人となっているわけです。

ダークロードの立ち回り(狩り)

 ダークロードの狩りについては
1~3レベルまで:1のポータルから豚とキノコを狩る
ダークロードの手裏剣が敵に追尾する能力が高いので、中央に陣取って敵を攻撃するのもアリです。

このくらい中央に陣取って相手を牽制することもできます。
ただし、ダークロードの体力は少ないので無理に居座って倒されないように注意が必要です。
3~7or8レベルまで:ポータル2の鹿と猿を狩ります。
鹿はやっぱり強いので歯が立ちませんから、鹿は接触ダメージを受けてでも無視しましょう。
毒を入れてもあまりダメージが通らないので結局猿を倒した方が早いという結果になってしまいます。
また、ダークロードは単体攻撃のスキルばかりなので、敵のターゲットを取りすぎないことを意識しましょう。
体力が少ないのでこっちの方が一瞬で狩られてしまいます。
3レベルから使える毒を付与するスキルがクールタイムが短く、使い勝手がいいので積極的に当てていきましょう。

1回目のボス戦

 1回目のボスをどちらのチームが先に取るかでゲームの主導権をどちらが握るか変わってくるので重要です。
なので、まずはこのボスを倒すことだけを考えましょう。
適正レベルとしては、6~7レベルが良いでしょう。
理想は8レベルでスキルが全て使える状態ですが、敵チームの状況をみて判断しましょう。
敵チームの方が8レベルになっていると、先にボスを取られる可能性があるので、その時は無理してでもボスを倒しに行きましょう。
ボス戦においてダークロードは、設置スキルや毒を付与するスキルのおかげでかなり強力なキャラクターになります。
なので出会ったらまず毒を付与して設置スキルを出しましょう。
ボスの経験値を取ることが出来ればかなり有利になりますので、そのまま2体目のボスを倒すことを意識しましょう。
もし、ボスを取られてしまった場合も諦めずにボスの沸くところで待つか、体力が削れた敵チームを狩ることを意識しましょう。
敵チームの体力がかなり残っている場合は、周りの鹿や猿を倒してとにかく8レベルを目指します。

中盤から終盤

 2~3体目のボスの討伐時、こちらのレベルが相手チームより勝っている場合はレベルの差を活かして味方と一緒に攻めに行きましょう。
逆にこちらのレベルが相手チームより負けている場合は、相手チームに倒されないことを意識しつつ狩りをしましょう。
レベルが13以上でなければクロノスやバイキングの居る3のポータルへ行くのは効率が悪いので、レベルを見て対応しましょう。
焦って上の狩場へ行っても手数がかかりすぎて美味しくない上に相手チームが居る場合が殆どだと思うので、返り討ちにあってしまいます。
もし、レベル差がそこまでない場合はとりあえず味方の動きを見ましょう。
単独で動いても厳しいキャラクターなので、味方と一緒に倒すのが良いでしょう。味方と一緒に敵を倒すなり敵チームを狩りに行くのも良いでしょう。

PVP

 ダークロードは、接近されると一気に畳み掛けられやすいのでとにかく相手を近づけさせないことを意識しましょう。
設置スキルを置いて敵が近付かないようにしつつ毒を入れてプレッシャーを与えていく立ち回りが良いでしょう。
敵の動きを把握しつつ、自分から近付きすぎずにじわじわ攻めることをお勧めします。

リュード

 リュードは、管理人が初心者に一番推したいキャラクターです。
理由としては、圧倒的な生命力の高さです。
5レベルから開放される回復スキルがクールタイム15秒という絶妙な長さな点と回復量の多さにあります。
なので、多少無理をしても生き残りやすいので立ち回りがやりやすいという特徴があります。
また、3レベルから開放されるスキルが使い勝手がよく、長い射程に追尾性もよく当った敵をゆっくりにできるのでとても強いです。

リュードの立ち回り(狩り)

 リュードの攻撃は、1回で複数の敵を攻撃できるので積極的に多くの敵をまとめて攻撃することを意識しましょう。
特に敵が固まり易い1のポータル内ではその真価を存分に活かしましょう。
生命力が高いといっても、5レベルで開放される回復スキルがない状態では他の職業との耐久差がそこまでないので注意。
敵が遠距離から攻撃してきた場合も、リーチの差があるので3レベルのスキル開放されるまでは大人しく逃げるか、体力に余裕がある場合は懐に入って返り討ちにしましょう。
3レベルになったら鹿と猿のいるポータル2へ行きます。
ここでもやっぱり鹿は無視しましょう。猿の方が効率的です。
スキルの仕様上、どうしても鹿に攻撃が行くことがあると思いますが、味方が居る場合は一緒に倒しましょう。一人だけの場合は大人しく無視しましょう。

1回目のボス戦

 リュードのスキルは3レベルで開放される攻撃スキル以外は基本的に出が遅いので対プレイヤーへの攻撃は中々当たらないですが、ボスはプレイヤーじゃないので存分に攻撃を当てることが出来ます。
回復スキルを発動させつつごり押ししても大丈夫です。
もし経験値が行かなかった場合は、弱った敵を倒しに行く立ち回りは変わらないです。
ダークロードと同じように立ち回りましょう。

中盤から終盤

 リュードは生命力が高いので、一人でモンスターを狩ることも可能です。
おまけに範囲攻撃もあるので結構何とかなることが多いです。
とにかくボスを倒すことを優先しましょう。

PVP

 リュードは序盤からは突っ込まない方が良いです。
ハインズの盾となって敵からの攻撃を守ってあげましょう。
また、リュードの3レベルのスキルが敵を遅くする能力があり、ハインズのメテオと相性がいいので一緒に居ると結構強いです。
持ち前の生命力で逃げる時は逃げる、攻めるときは攻める。
特に対卍に対しては強化状態とやりあっても勝てるときがあるので、その耐久を活かしてハインズに近づけさせないようにしたいところです。

まとめ

 キャラクターによって立ち回りが多少ちがってきますが、基本的なルートは同じなのでまずはそこから覚えていきましょう。
大事なことは、とにかく味方と一緒にいることです。
これさえ守れば基本的に怒られることは結構なくなると思います。
 今回のイベントで、帰還をプレイする機会が増えるかと思いますが、基本的にいい人が多いので何かいわれても気にしないことが大事です。
それでも怖いという方はtwitterで有識者の人に助けを求めたり助言を貰うことも大事です。
一人で抱え込んでも楽しくないですからね!

次回の動画はあのキャラ視点の動画を取る予定だよ!!乞うご期待

コメント

タイトルとURLをコピーしました